静岡高生研(静岡県高校生活指導研究協議会)

HRづくりや生徒会指導、授業、学年集団づくり、学校づくりなど、あらゆる高校教育の分野を実践的に研究しています。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

しずおか高生研の春ゼミと第2回現地実行委員会が開催されました!

]

- ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 

夏の全国大会(静岡大会)はアイセル21で

2017年の夏の全国大会(静岡大会)会場はアイセル21(静岡市)に変更になりました。

 

 

全国・東海の高生研の行事・活動 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 

岡野八代講演会がひらかれました

■岡野八代講演会がひらかれました


 10月16日(日)の午後1時から4時30分まで、焼津公民館で「岡野八代さんin焼津 『近代家族』と学校教育を語り合う会」がひらかれました。

 岡野さんの話には三つのテーマがありました。
 一つは現在進行中の憲法破壊の政治の話。
 一つはケアの倫理の立場から家族は「それでも」必要だということ。
 一つは守るべきは国家統治の道具にされる家族「制度」ではなく、個人の尊厳を育む家族の「機能」だということ。です。
 日本社会をふりかえると、子育て中の貧困世帯数がここ10年で倍増し、さらにジェンダー・ギャップ指数が先進国で最低水準であると指摘されていますが、その日本の現実を見ない政治家たちによって、いま憲法が反動的に改変されようとしています。

 家族関係は、「私」としての自分を投げ出すことができる場だからこそ、逆に傷つけあったり、暴力をふるったりすることにつながりやすく、そうならないためには高い倫理が求められ、さまざまなケアの倫理が求められているのですが、自民党改憲案では改変第24条の冒頭で「家族は助け合わなければならない」という上から目線の教条的な自助努力・自己責任の文言が冒頭に付け足されています。むしろ「家族」に言及するなら、「家族が助け合えるように、国家は条件を整えなければならない」と国家の公的な責任を追及する文言にすべきでしょう。自己責任だけを求めるこのような反動的な改憲の動きが、9条の破壊と連動して起きています。
 後半の話し合いでは、現代の高校生をめぐるさまざまな、過酷な家庭状況が報告されました。個々の深刻な問題をかかえた家庭から生徒を引き離して、自立を励ますような実践も報告されました。そのようななかで京都の弁護士の方が、「親子断絶防止法」が今国会で超党派の議員立法によって取り上げられるかもしれないとの報告がありました。緊急事態法なども含めて、さまざまな「憲法破壊」の動きがはじまっています。


【参考文献】
◯大浜啓吉『「法の支配」とは何か』(岩波新書)
◯江原由美子『女性解放という思想』
◯E・キテイ『ケアの倫理からはじまる正義論』
◯牟田 和恵『戦略としての家族―近代日本の国民国家形成と女性』
◯フーコー『フーコー・コレクション〈6〉生政治・統治』
◯ファビエンヌ・ブルジェール『ケアの社会:個人を支える政治』

静岡高生研の行事・活動 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 

岡野八代さんin焼津 「近代家族」と学校教育を語り合う会のご案内

 静岡高生研主催による、岡野八代さんin焼津と題して、「『近代家族』と学校教育を語り合う会」をひらきます。

第1部は 「今、『近代家族』の何が問題なのか—憲法24条の「改正」問題とのかかわりで—」

第2部は 「語り合い:「近代家族」と学校教育」

 「近代家族」が崩壊し「多様な家族形態」に移行している中で、「家族」をめぐる学校教育の現実と課題を語り合います。

 

◯日 時 10月16日(日) 13時から16時30分

◯会 場 焼津公民館 大集会室

◯参加費 1000円

◯主 催 静岡高生研

◯連絡先 長房利夫(静岡高生研事務局)

      ngfs-t@thn.ne.jp

 

静岡高生研の行事・活動 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 

静岡高生研の夏合宿へ!

 今年の静岡高生研の夏合宿は伊豆の温泉です。ゆっくりくつろぎながら、じっくり学ぶことができます。ぜひご参加ください。

 

◯ 日時:2016年 8月27日(土)、28日(日)

      27日 13時〜 講演「今、求められる主権者教育」(岡村昭弘さん)

      28日  9時〜 実践分析会「担任、奮闘記」(渡邉太一さん)

◯ 会場:伊豆の長岡のホテル・サンバレー富士見

◯ 連絡先:塚本 徹(事務局長:金谷高校) tsukato@vc.tnc.ne.jp

 

 

静岡高生研の行事・活動 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 

3月21日、春ゼミが行われます。ぜひご参加を。

静岡高生研の春ゼミ
「HRづくり・はじめの第一歩!」が
3月21日(月)10時から行われます。
会場は三島長陵高校の長陵館です。
午前はHRづくり入門講座。
午後は政治教育の授業ワークショップです。
ぜひご参加ください。



 
静岡高生研の行事・活動 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 

大阪全国大会に行ってきました

 塚本 

 今回の全国大会には、本当に久しぶりに「フル参加」した会場。事務局(会員登録の係)になったこともあり、「自主研」を自ら封印。登録の仕事をしたり、一般分科会の運営を初めてやったり、最後の総会まで(と思ったら事後のチーフ会議もあった)参加して、頭も体もくたくたに疲れた。でもたくさん学び、楽しい思い出もでき、良い大会だった。
 
 1日目の昼前の全国フォーラムから参加した。大阪はやはり暑い。会場の大阪商業大学が河内小阪駅からちょっと距離があって辛かった。でも周辺に安くておいしい食堂があったのはうれしかった。
午後開会。今回の基調は「生きづらさを抱える生徒から学校を見直す―「特別支援」から始める学級・学校づくり―」で、早川さんと鳥取の方によるもので、大会の目玉といっていい。早川さんがA君に関わり学校を変えていく実践がベース。何度聞いても学べる内容で、参加者にも好評だった。早川さんは堂々とした発表ぶりで、この一年本当に苦労されたと思う。お疲れ様でした。
 
 基調提案交流会にも初めて(?)参加した。大阪の先生に、鶴橋周辺のコリアタウンを案内してもらった。鶴橋周辺は店が密集し、独特の匂いも漂う。十数人で入った店の料理は、チジミ、チャプチェ、焼き肉、タコの刺身、冷麺、アワビのおかゆとどれもおいしかった。こういうのは大人数で食べた方が確かに美味い。
 
 2日目の一般分科会、午前は「特別支援学校での初担任実践」に参加。私も初任は養護学校だったし、レポーターも社会科の先生。勝手に親近感を覚え、出ることにした。レポーターは、講師として一年だけの勤務だったが、2学期あたりから生徒に学んで対応を変えていく彼の実践はしなやかだ。自分の一年目を思い出すと恥ずかしいくらい。班討議の時間をたくさん取ってくれたが、途中で我が班は話が出なくなってしまった。全体討論の時間が短く、発言者も限られてしまったことも残念に感じた。この日の夜の大交流会でレポーターの彼とは隣席になりまた話した。昨年は同僚の体罰を告発したこともあり実に大変だったそうだ。「自分はなめられ教師です」というので、翌日の問題別分科会を薦めた(実際出てくれたそうな)。
 
 そして午後は「定時制のHR担任・生徒会顧問としての3年間」、私は運営デビュー。レポートは、初担任の先生(女性)が生徒会では映画づコリアタウンくりに取り組み、自ら企画したフィリピン離島への修学旅行を実現し、無人島遠足もと実行力にあふれた実践。私は前半の質疑までの司会なので、特に問題なくできた。でも事前にレポーターとメールで何度かやり取りをし、内容について確認や聞き込みをしていたので、何となく討論になる事柄が見えてきた。もう一人の運営者とレポーターとで前日に討論の柱を決め、それに沿って後半討論をしてもらった。29人と実に多くの方が参加したが、班討論も盛り上がっていたし、全体討論でも課題を指摘する意見や評価する意見も飛び交って面白かった。こうやって分析会をつくっていくことの面白さを感じられたことも収穫だ。
 
 3日目は問題別分科会。「語れない語りが語られる時―福島災害から」に出た。福島について考えたいと思って出たのだが、難しかった。講師の話はそれたところが面白いのだが、討論(班でも)で何を語ったらよいかわからなかった。もう疲れていたのかな。沖縄の先生や学生がよく発言した。
 
 全体で参加者は173人。大阪の実行委員が20人ほどいて、文化行事として歌を何度か歌った。情宣や書籍等でもらしさが見られ、大阪の先生はパワーがあるなと思った。静岡からは6名が参加した。来年は東京(和光高校)で行われる。たくさんで参加しましょう。
 
(おまけ)
 「自主研なくして大会なし」と思っている私だから、このままでは帰れない。後泊して、念願だった万博公園へ。太陽の塔を見て、「国立民族学博物館」を堪能。昼食はさんで4時間も見て、歩き疲れたがまだ見飽きないほどだった。満足して帰路についた。
 
全国・東海の高生研の行事・活動 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 

アベ河原の落書

こんな落書を見かけたのでご紹介します。

日本の若者たちを米国のために戦争させ
米国のために日本の若者を戦死させる
この国の為政者はただの腰抜けか大間抜けか

日本の国民(沖縄の住民)の味方もできず
米国のいいなりに国土(辺野古)を引き渡す
この国の為政者はただの腰抜けか大間抜けか

4年前に歴史ある国土と国民とを失わせ
またぞろ保身と儲けのために同じ危険を繰り返す
この国の為政者はただの権力狂いか大馬鹿者か

老人の生活を焼身自殺にまで追いつめ
福祉も年金も安心も安全もかなぐり捨てる
この国の為政者はただの破廉恥漢か大阿呆か

——「駿府の国のアベ河原の落書」より
時事 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 

夏合宿を開きます!

静岡高生研の夏合宿を開きます!
 静岡高生研の一大イベントの夏合宿では、学べる講演や実践分析、会員が集まっての総会があります。
 会員やゆかりのみなさんには案内を発送しました。また、どなたでも参加できます。ぜひ来てください。



 
静岡高生研の行事・活動 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★ 

亡霊の復活

  高生研[新]全国通信171号(2015年3月)に、安富歩氏の講演があり、これを読んでから安富氏の著作を読み始めた。
  まずは『生きるための論語』。いままでさまざまな論語に関する本を読んできたが、たいへん分かりやすい内容だった。さらに興味を持ったので、『原発危機と「東大話法」』を読んだ。博覧強記、縦横無尽に論を展開しながら、人間の心理の奥深くまで腑分けしながらテキストを分析していく醍醐味を感じた。
  その中に、「名を正す=実態を正しく表現する」(論語)例があり、メディア・リテラシーの勉強になった。たとえば「プルサーマル」が和製英語だということはこれまでも知っていた。しかしどうして和製なのか、という点までは思い至らなかった。いまどき、わざわざ官製の和製英語がひねくりだされる意味を考えなかった。「プルサーマル」とは「プルトニウム燃焼」のことだと記されている。なるほど、そうだったのか。「プルトニウム」ということばを避けたかったのか。そのためにわざわざ和製英語をひねくりだして「プルサーマル」などという新語をつくりだしたのか、と思い至った。実態をできるだけ表に出さない、実態をできるだけ民衆に意識させないための、当局による姑息な工夫だったのだ。
  「MOX燃料」も同じ。「プルトニウム・ウラン混合酸化物燃料」だ。プルトニウムという悪魔の人造物質にオブラートをかけてカモフラージュし、民衆に実態を見えにくくさせてごまかす。これが政治の要諦、権力の常套手段だ。
  わたしがいつも気にするのは、このような「歪んだ名」が歪んだ意識を生み、それが広く伝播し、民衆全体の意識が歪んでしまうことだ。だから安富氏は「名を正す」ことを政治の要諦とした。
  たとえば学校でよく使う「父兄」。いまは「両親」でも正しくない。「保護者」という呼び名に変わっている、はずだった。親がシングルの場合もあるし、親そのものがいない場合もあるからだ。それを今も「父兄」というのは、なんという時代錯誤だろうか。封建時代・戦前の亡霊がよみがえっている。
  (子どもが入った公立)中学校の入学式でプログラムの中にあった「教科書給与」。「給与」とはなんたる表現か。教科書は国からたまわるものなのか。「恩賜(おんし)のタバコ」という表現が戦前にはあったが、またぞろ戦前の亡霊がよみがえっている。
  町内の子ども会も、いまだに「子供会」と表記されている。「供」は主君にお供をするという上下関係をあらわすことばだから、「子ども」と表記が変わったはずだった。
  そもそも公務員の「給料」も「給与」も「手当」もおかしい。これらは明確に上下関係をあらわす表現だ。おめかけさんへの「お手当」みたいに、公務員に「お手当」が出るわけだ。
  それにしても今年子どもが入った公立中学では、壇上にあがる人々がことごとく◯に敬礼していた。人間や個人の上に◯があるということを学校では身をもって教えている。そうして、◯への忠誠心を無意識のうちに脳裏に刷り込ませる。「父兄」「子供」「教科書給与」(という「亡霊」復活)もその一環だろう。
時事 ★ comment 0 ★ trackbacks 0 ★